« 母の鏡 | トップページ | きのくに見学報告記 »

2007年4月 4日 (水)

巣立ってゆく

Nは今、友達5人で、四国自転車旅行の真っ最中です。

春休みがまだ一週間も残っているのに、2日の月曜日に大阪の友達の家に行き、3日早朝、フェリーに乗って、徳島へ。そこから室戸岬まで行って、また徳島港へ戻ってくるのだそうです。4泊5日の旅です。


最初この話しを聞いたのは、春休みに入る2週間くらい前のことで、そのときは、計画書もなにもできていなくて、ただ、「四国に自転車旅行に行くかもしれん」というだけでした。

その後、一緒に行く予定の友達数人がばたばたと体調を崩してしまい、三学期中に旅行の話しを詰めることができませんでした。


私は、密かに喜んだのでした。これで旅行は断念ね、と。(ヒドい母親!)
だって、せっかくの春休み、Nが旅行に行っちゃうなんて、寂しいんだもん。


でも、彼らは初志貫徹し、主に関西在住のメンバーが詳しい行程を相談し、それをNにファックスしたり、電話しあったりして、親を納得させる計画を準備したのでした。


まあ、私も、旅行断念を密かに願ったとはいえ、彼らがしっかり計画し、実行に移すのを待っていたようなところもありました。


『自由学校の子どもたち』の中で、保護者が書いている章があるのですが、その中で、中学一年生の息子さんが、他の、中二、中三のメンバーと夏休みに、高千穂、屋久島への6泊7日の旅に出かけた、という話しが書いてあったのです。

そのときは、「きのくにって、保護者も子どもも自立してて、すごいな〜」と思って、とても心に残っていました。

それを読んでいましたし、他の保護者のかたからも、「中学になったら行動範囲、ぐっと広がるよ〜。きのくにの子は、フットワーク軽いよ〜」と言われていたので、そんな話しが実際自分の息子からでてくることを、楽しみにする気持ちもあったわけなのです。


4月なのに、今週はとても冷え込んでいて、Nたちが心配でしたが、無事、2泊目のユースホステルに着いたという、Nからの電話がありました。あいにく外出していて、留守電に声が残っていたのですが、ちゃんと電話を入れてくれて、うれしかった!


こうやって、どんどん新しい世界に踏み出して、巣立っていくんだなあ〜。息子の成長が誇らしいです。


それから、旅行に当たっては、何があるかわからないので、保険証のコピーを持たせました。

でも、保険証自体、きのくにに預けてあったので、春休みに学園に電話して、「自転車旅行に行くそうなので、保険証のコピーをファックスしてください」、と頼みました。

そうしたら、事務の方からすぐ送ってくれて、「自転車旅行お気をつけて。たくさん見聞を広めてください。」と書いてありました。

とてもうれしい言葉でした。

ひとつひとつの体験が、子どもにとってきっと財産になる、ということを、十分わかってくださっているからこその言葉だと思います。

|

« 母の鏡 | トップページ | きのくに見学報告記 »

コメント

良い思い出をたくさん作って来てほしいですね。

うちもインターネットゲームで友達になったという岡山の高校2年生の男の子(ジャニーズ系でした)が、遊びに来て二泊して帰りました。

初め子供から話を聞いた時は、えっ!って感じでしたが、こちらが迎える側だし、どんな子か興味もあったのですぐにOKしました。

携帯で写真も見せてもらっていたし、前日には親からの電話もあったりして
結局、普通の良い子でした。
今度はこちらに遊びにおいでと言われているみたいなので、行くかもしれないですね。

何かこれからも色々ありそう 覚悟がいります。 

投稿: ぴいぶ | 2007年4月 5日 (木) 06時11分

はじめまして

この春から娘がきのくににお世話になる予定の父親です。

紆余曲折を経て「きのくににお世話になれるかも」となって以来、google検索でこちらのブログを知り、バックナンバーも含めて楽しみに拝読させていただいております。

N君、いま四国なんですね。

私たちの住む徳島、今朝は晴れ!です。

急に冷え込み、強い風とにわか雨にたたられた昨日に較べますと、まだ少し風は冷たいですが、かなり穏やかな一日になりそうです。

おそらくR55を南下して室戸へ、そして再び北上して徳島へと向かわれる予定でしょうか。

うちのすぐ近くを走られるかもしれませんね。

もしお見かけしたら「気をつけて、楽しんで!」とお声がけしてみます。(旅が無事終わられたら「徳島でヒゲ面の変なオヤジに声をかけられたか?」と聞いてみてください・・)

私もかつてバイクで野宿しながら日本中あちこち走り回ってましたので、うらやましい限りです。

特に阿南市から室戸岬までの海岸線は、天気さえ良ければ青い海を眺めながら走れる自転車ツーリングにgoodな道です。

ちょうど桜も満開です。

いい風景やいい人と巡り会い、思い出多い旅になることを心からお祈りいたします。

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: やっくん | 2007年4月 5日 (木) 10時35分

ぴいぶさんのとこも、どきどき体験でしたね〜。でも、それもまた楽し、ですものね。子どもの世界が広がっていくのは、うれしいですね。

>何かこれからも色々ありそう 覚悟がいります。
ウフフ、同感です!

やっくんさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

徳島なんですか。すごくうれしかったです。息子が走っている町に住んでいるかたからのコメントで、しかもきのくにの保護者になるかたで。ブログやっててよかったな〜、と思いました。

はい、R55南下のルートです。おとといの夕方室戸岬に着き、昨日から戻りにはいったようです。風が強くて前に進むのが大変だった、と言っていました。

やっくんさんの徳島情報、とてもうれしかったです。Nが身近に感じられました。

今度の入学を祝う会、行かれますか?とっても楽しい会ですよ。私はFのとき、あまりに暖かい雰囲気に、号泣しちゃいました。(- -")

私は今回は行けませんが、29日の、春祭りには行きますので、やっくんさん、もしいらしていたら、声かけてくださいね。多分、野田氏の講演会のときは、前の方の席に座っていると思います。スタッフのかたに、「大分から来てる中三の男の子の子のお母さんは?」と聞いていただければわかると思います。

春祭りもとても楽しいですよ。

「紆余曲折」あたりも、そのうちお聞きしたいです!今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: mami | 2007年4月 6日 (金) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/14556478

この記事へのトラックバック一覧です: 巣立ってゆく:

« 母の鏡 | トップページ | きのくに見学報告記 »