« そういえば、家庭訪問 | トップページ | 春祭りー初写真! »

2007年4月27日 (金)

自立させない教育

あら、気がついたら、このブログを初めて、一年がたってました。まあ、我ながら、よく書いたこと!いつも読んでくださっているみなさま、ありがとうございます。


一年前、きのくに中学を卒業したばかりだったFは、自分でしっかりとスケジュールを管理し、ギターレッスン、練習、バイト、ピアノ、通信制高校の課題、たくさんのコンサートと、忙しく、そして充実した毎日をすごしています。

Nは、春休み後、きのくにに行くとき、「あ〜、俺ももう中三、受験生か〜」と楽しげにつぶやいていました。それで、私が、「なんか興味のある分野とか学校があったら、お母さんもネットで情報集めようか?」と尋ねたら、「いや、まだいいわ」と、すっきりとした返事。


きのくにに入って、自分のことは自分でする、というのが当たり前になっているので、こちらもどっしり落ち着いていいられます。


先日、「チョイス」のことを書きましたが、チョイスに限らず、きのくにでは、とにかく「自分で選ぶ」という能動的なことがらが多いです。

そもそも、小学校、中学校、高等専修学校と、制服がありませんから、朝起きて、今日は何を着ようかな、というところから、「自分で選ぶ」ですもの。

そして、一年ごとにプロジェクトを選び、その週にする活動をミーティングで決め、学期ごとにチョイスを選び、修学旅行に行くかどうか、どこに行くかを、自分たちで決める。ときには、ものすごく悩んでしまうこともある。そういうことの積み重ねが、自立した子どもを育てるんだなあ、とつくづく思います。


『きのくに子どもの村』の77ページに、いい話しが書いてありました。工務店での活動の【週間計画を立てるー月曜日】から、抜粋します。


【ほとんどの子が忙しそうに動いている。とてもいい顔をしている。楽しそうなおしゃべりをしながら。でも、よく動く。自分がいま、クラスのどんな仕事のどの部分を担当しているかを、よく知って動いているのだ。

この週の途中のことだ。
「午後は何するんだったっけ」
と真理ちゃんから聞かれた。「何をしたらいいの?」というのではない。「何をする予定だったか」という意味である。

「工事だったんじゃない?」とこたえると、
「ああ、そうだった!」

ことばの違いは小さいけれど、子どもにとっても大人にとっても、その中身の違いは大きい。まだまだ工夫したいところも多いけれど、週間計画を立てるひとときは、これからも大事にしていきたい。】


このちょっとした言葉の違いのなかの、大きな意味の違いを敏感に察知し、大切にしているきのくにって、やっぱりすごいなあ、と思います。ちなみにこの文章は、堀さんでなく、丸山さんがお書きになったものです。


一方、私が受けてきたような、【毎日、朝起きたら、何も考えずに制服を着て、時間割通りに授業を受けて、試験があって、採点されて・・・】というような教育、受け身だなあ。

子どもをできるだけ「自立させない」ための教育、みたいです。

おまけに、セカンドバッグや、髪型、長さまで決められている学校も少なくないでしょう。そういうことをして、いつも上から押さえつけているから、中学生、高校生がいつまでも幼いんですよ。


某大学教授が言っていました。

「学生たちは、授業中、おしゃべりはするのに、名指しして意見を求めると発言できない。おまけに自分がさされているのに、周りを見る。だから、周りの意見じゃなくて、あなたの意見は?と言うのだか、もじもじして、はっきり言えない」


社会は「自立させない教育」が好きな人のほうが多そうです。でも、いつか変わる。変える。ひとりひとりが、「そういう考えはおかしいよ」と発信し続けてれば、いつか変わる、変わって欲しい。


このブログを始めた一年前、Fのギター修行が本格的になり、専門家コースに入ることになったとき、そのスクールの店長さんに、こう言われました。

「お母さんの役目は、もし、Fくんが練習を怠けてるなあ、と思ったら、練習しなくていいの?と声をかけてあげることです。よろしくお願いします。」

それで、こう答えました。まだ、人間関係がそれほどできていなかったので、遠慮がちにではありますが・・・。

「私の役目は、一生懸命働いて、Fが何かをやりたいときや、いいギターが必要になったときに、経済的にバックアップすることかな、と思ってます。練習は、もしFがしないで、だめになるんだったら、それはそれでしょうがないかなって・・・・。」


さて、あさって(29日)は、楽しみな春祭り。昨年はFも一緒に行ったのですが、今年は忙しくて、無理のようです。

今夜、村治佳織さんのコンサートがあるので、福岡へ。そのまま福岡泊まりで翌日は高校のスクーリング、夜遅くに帰ってきて、29日は朝からバイト。きのくにで培われたたくましさで、日々、過ごしています。

|

« そういえば、家庭訪問 | トップページ | 春祭りー初写真! »

コメント

 ブログ開設一周年おめでとうございます。
ずっと精力的に更新されていて、しかも内容が濃くて、すごいなぁとおもいます。

 「能動的に選ぶ」って、確かに公立の小中に行ってた時は、ほとんどしなくて済んでたかもしれないですね。筆箱に入れる鉛筆の本数まで、学校が決めてくれてましたから。

 チョイスのコメントで、「一番下の子は、ずっと料理関係のチョイス」と書きましたが、今回、希望者が多かったため、別のチョイスに移ったそうです。
 残念がってるのかと思いきや、「たまには他のことも楽しそう」と、全くこだわりがない様子。
 諦めとか遠慮とかいうのでなく、状況判断をして、自分で決めたという感じで、不満に思わないようです。
 このことに限らず、子どもを見ていて、すごいと思うのは、頭も心も、しなやかで、柔軟で、いい意味での切り替えが出来る点。
 (猪に花壇を何回も荒らされた時も、めげるでもなく、さして悔しがるでもなく、淡々と事実を受け止めて、修復に取り組んでいました。見習いたい・・・)
 悩んで、考えて、自分で選び取る経験の積み重ねが、自立と自律へと繋がるのですね。 
 
ギターの先生へのmamiさんのお返事に拍手。

投稿: むさし | 2007年4月28日 (土) 00時38分

ほんと、子どもたち、しっかり自己主張はするけど、柔軟だなあ、こだわりすぎないなあ、と思うことがよくあります。

>諦めとか遠慮とかいうのでなく、状況判断をして、自分で決めた
>という感じで、不満に思わないようです。

そうそう、こんな感じなんですよね。
うちでは、私が過ぎたことをグチグチといつまでも後悔していたりすると、「お母さん、もういいやん。○○だったんやし。」というふうに、よい方を見てくれ、なだめられることがしばしばです。

投稿: mami | 2007年5月 1日 (火) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/14863252

この記事へのトラックバック一覧です: 自立させない教育:

« そういえば、家庭訪問 | トップページ | 春祭りー初写真! »