« ミキハウス | トップページ | 親バカ三昧 »

2007年3月22日 (木)

きのくにを愛する気持ち

Nのわらじ組での主な活動のひとつが、キルクハニティスクールの歴史を調べて映画にすることでした。その完成DVD、『Legend of Kilquhanity』を見ました。

子どもたちが堀さんやジョン・エッケンヘッドに扮しての再現場面は、なかなかよくできていました。


視察官が来て、「ユースフルワークを認めない」とか、とても大切にしていた木の上の小さな家を「取り壊すように」、など、指導され、それに対してどうすべきか、深刻な面持ちでミーティングする様子には、じ〜んとしました。ジョンのキルクハニティに対する深い思い入れを感じることができたのです。

結局ジョンは、キルクハニティの大事な部分で妥協することはできないと、1997年に閉校を決めました。


もとキルクハニティの職員で、現在もきのくにの子どもたちがキルクハニティに滞在しているときに料理を教えているメアリーさんや、堀さんへのインタビューもありました。

堀さんがどんな気持ちで閉校したキルクハニティを買い取ったのか、知っているつもりだったけれど、子どもたちのインタビューに答えて真剣に話す様子を見て、さらにその気持ちが伝わりました。


1997年7月初版の『自由学校の設計』に、堀さんはこんなふうに書いています。

【私は確信している。ジョン・エッケンヘッドは、教育史に名の残るべき偉大な教育家である。彼の仕事はもっと広く知られなければならない。そして彼の仕事は、後継者によって長く引き継がれなければならない。】


ニイル、ジョン、堀さん、熱い情熱とゆるぎない信念を持った人たちがいたからこそ、息子たちはきのくにに出会うことができました。このDVDを見て、きのくにを愛する気持ちが、よりいっそう深まったような気がします。


FとNも、「愛国心とか愛校心とか、強制されたらいやだけど、こういう話し聞くと、堀さんとかきのくにってすげえなって、思うよな」と言っていました。


自分が学んだ学校を、心から愛せるって、すてきだな。
大切な我が子が行っている学校を、心から愛せるって、ありがたいな。

|

« ミキハウス | トップページ | 親バカ三昧 »

コメント

LOVE きのくに!!


投稿: ぺー | 2007年3月22日 (木) 19時28分

きのくにって、私にとって特別な存在です。
自分が通ったわけでもないのに、出身校よりも母校の感じだし、愛着があって大切に守っていきたいです。

投稿: ぴいぶ | 2007年3月23日 (金) 18時39分

ぺーさん、ぴいぶさん、ほんとにきのくにはすばらしいですよね〜。もう、大好きです!

投稿: mami | 2007年3月24日 (土) 22時10分

 このお宝DVDを、申し込み損なったのですよ(泣)。
なので、mamiさんの内容紹介を読めて、感謝です。

 きのくにのスタッフが、娘の卒業に寄せて、「○○ちゃんが、きのくにに出会ってくれて本当によかったと思う」と書いてくださいました。
その言葉が、暖かく心にしみて、益々きのくにが大好きになりました。私にとっても心の母校みたいです。


投稿: むさし | 2007年3月25日 (日) 01時12分

娘さんも卒業記念にスタッフの寄せ書きいただいたのですか?
Fも昨年、スタッフの寄せ書きとスタッフ全員に囲まれて映っている写真をもらいました。

>きのくにのスタッフが、娘の卒業に寄せて、「○○ちゃんが、きの
>くにに出会ってくれて本当によかったと思う」と書いてください
>ました。

じ〜んとします。学校の教師がこんなこと言ってくれるなんて、ほんとにきのくにの仕事に誇りを持ってる証拠ですね。

投稿: mami | 2007年3月26日 (月) 22時47分

 娘は、卒業記念には腕時計を頂きました。箱を開けたとき、自分がイメージした通りの時計(こだわりがあったようです)が入っていて、スタッフの方が、どんなに労力をかけて探し、心をこめて選んでくださったかがわかって、大感激したそうです。

 そして、大人も子どもも協力して、とっても素敵な手作りの卒業アルバムを作っていただいたのですが、メッセージは、その中に書いてくださっていたものです。世界にひとつしかない宝物です。

投稿: むさし | 2007年4月 7日 (土) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/14348345

この記事へのトラックバック一覧です: きのくにを愛する気持ち:

« ミキハウス | トップページ | 親バカ三昧 »