« 運動会、あ〜楽しかった〜 | トップページ | 大人は・ が・ の もんだい »

2006年10月24日 (火)

運動会の思い出

私が通っていた小学校は、ひとクラス約45人で、一学年10クラス。つまり、全校2500人くらいの児童がいたわけです。そういう学校での、運動会全体練習って、もう地獄ですよ。

炎天下に整列させられ、右向け右、回れ右、行進、の繰り返し。おまけに、一学年ごとに、【小さい順】に並ばされる。

私はクラスで一番ちびでしたが、学年全体だったら私より小さい人がいるだろうな、という淡い期待は裏切られ、たいてい列の一番前になってしまうのです。「私は学年一番のちびで〜す」ということを、みんなに宣伝するかのように、【小さい順】に並ばないといけないなんて、いじめのようなものですよ!(怒り再燃!) 本人が一番気にしてるのに・・・。

それに、徒競走なんて、何度練習したって、びりはびりなのに、しつこくやらせるんですよねえ。ほんとに嫌でした。

私、今の学校の構造、システムそのものが、いじめを発生させる一因ではないかとさえ思っています。

こんなこと書くと、
「運動会が嫌だったのは、あなただけではないですか?」とか
「私は楽しかったです」とか
「嫌なことでも頑張って練習することに意義があるんではないですか?」
なんて言われるんだろうなあ。

言われる前に書いちゃいますが、「私は楽しかった」「つらかったのはあなただけでは?」という考え自体が、すでに、傷つきやすい子どもの心を推し量れない、大人の鈍感さであるような気がするのです。そういう鈍感さが子どもを追いつめていることに気付くべきだと思います。(うわ〜、コメントが恐い!)

「嫌なことでも頑張ればきっといい思い出になる」なんて言われたこともありますが、それは、【自分の意志で】その「嫌なこと」をやる、と決めた場合ですよね。

やるやらないの、選択の余地なくさせられたことを、「頑張ればよい思出になる」「努力することに意義がある」というのは、ちょっと違うんじゃないの? と思います。


私、四年生のときに、全体練習に参加しながら、「あと何回こんなことしなくちゃならないんだろう」と思ったことを、はっきりと覚えています。

綱引きの練習では、勝った方が「ばんさ〜い」と言い、負けた方が拍手するんですが、その練習までさせられたんですよ!!で、私、全然身が入っていませんでしたから、ぼ〜っとして、負けたときに、1人大きな声で「ばんさ〜い」と言ってしまって、大恥かきました。


何のためにやっているかもわからないまま、あれだけの時間をつかって、整列して、行進して、走って、ダンスして、疲れ果てて、なんだったのでしょう。苦痛以外のなにものでもありませんでした。先生だって、大変でしょうに。

勉強嫌いで体育得意だった夫は、授業よりまし、と言っていましたが・・・。

なんで、きのくにみたいな運動会じゃだめなわけ?ああいう運動会だったら、子どもも教師もストレスたまらないし、一日で終わるし、いっぱい笑えるし、かけっこがいつもビリだった私が、なんだか走りたくなって、リレーに出たりできるし、いいことづくめなんですけど。


|

« 運動会、あ〜楽しかった〜 | トップページ | 大人は・ が・ の もんだい »

コメント

運動会の思い出と言う事で一言。
先日ぴいぶが道を歩いていると、どこからか拡声器で女性の怒鳴声が聞こえてきたそうです。
よーく聞いてみると・・・「ほら、そこ!! 何してる!!!」「脚が逆!!!」「もっと元気よく!!!!!」
 これ、運動会の行進練習時の先生の声だったんですね。
見渡した所、学校など見当たらず、でも国道24号線まで大きくハッキリと聞こえていました。
その時、「恥ずかしく無いのかなぁ? あんなに罵声を上げて??」と思ったそうです。
と同時に、昔はそれを何とも思わずに当り前に受け止めていた自分に恐怖?すら感じたそうです。

 その昔私も、「何で先生あんなに生き生きしてるんやろぅ?」と子供ながら不思議でなりませんでした。
今思うと、北の国の将軍様になったような気分だったんでしょうね。
北の国のパレードの行進で兵隊さんが少しでもミスしたものなら、死刑に値する罰が待っているそうです。
北の国の兵隊さん達は、あのパレードを心から嫌がっているとどこかで聞いた事があります。

 行進と言えば・・・オリンピックの開会式の入場を思い出します。
日本選手のそれは真顔で一糸乱れぬ行進、微笑む時は皆一緒でとても気持ちがいい???(わたしは気持ち悪くなりますが(^_^;))
 アメリカ選手の入場は、みんなダラダラ、バラバラでのたのた歩いてる・・・見方にもよるのでしょうが、私は気楽で好感を持てます。(こういう私は、かなりの捻くれ者(-_-;))
まっ、この辺はご愛嬌と言う事でご容赦を・・・m(__)m

 で最後に言いたかった事を・・・
>私、今の学校の構造、システムそのものが、いじめを発生させる一因ではないかとさえ思っています。
mamiさんのこの言葉!!同感です。
 スタンリー・キューブリック監督の【フルメタルジャケット】と言う映画をご存知でしょうか?
特にこの映画の前半44分なんですが、今の管理教育とダブって仕方が無いんです。
あらすじは下に書いておきますが、是非映画を見てください。気分が悪くなる事受け合いで、管理教育に置き換えると背筋が寒くなりますよ。
 映画に登場する鬼教官ですが、別に悪意があるわけではなく、彼としては徴兵された若者を一人でも多く戦場で生き残る為の訓練を行っているに過ぎないのですが、その方法が?・・・
 これは軍隊(兵隊は兵器であって人間では無い・・・これに関しては軍隊の話が出たときにでもお話させていただきます。)なんで仕方ないのですが、教育でコレをやっちゃあいけません。
 映画の中の訓練所を学校、教官を先生、訓練を授業、戦場を社会と置き換えて見て下さい。
思い当たる事がいっぱいありませんか?私は沢山ありました。
 そしてこの前半の最後に起こる事・・・先日中学生の男の子がイジメで自殺しました。この映画の中の出来事とは少し違いますが、結果は十分に理解できます。
 私は思います。今の教育は軍隊式なんですよ。
軍隊なんて無いに越した事はないのですが、現状致し方ないのが事実です。
でも教育を軍事練習にしては絶対にいけないと思う今日この頃です。

【映画のあらすじ】
サウスカロライナ州、パリスアイランドの海兵隊新兵訓練基地。ハイスクールを出たばかりの若者

たちはここで8週間の訓練を施され、ベトナムの戦場へ送られる。頭髪を刈り上げられ、本名を取り

上げられた彼らは、情け容赦ないハートマン教官から罵詈雑言を浴びせらて一個の“殺人マシン”と

なるべく鍛えられていく。

訓練兵の一人にデブでのろまなレナードがいた。彼はハートマンに特別しごかれ、彼の失敗で全員が

連帯責任をとらされることも多かった。訓練兵たちはその鬱憤を、ベッドで寝ているレナードをみん

なでよってたかって痛めつけるというリンチによって晴らした。レナードの面倒を見ることを命じら

れていたたジョーカーもためらいながらもそれに加わる。射撃訓練で抜群の成績を残したものの、レ

ナードには異常な行動が目立ち始める。分解掃除をしながら自分の銃に話しかけるレナードを皆は気

味悪がった。

こうして訓練期間が終わり、ジョーカーは報道班への配属が決まる。そして最後の夜、レナードが取

った行動は、人間性の崩壊を示すものだった。

ベトナム、ダナン。“STARS AND STRIPE”の記者となったジョーカーは、ヘルメットに“BORN TO

KILL”と記し、戦闘に参加することを望んでいた。「北」によるテト攻勢の翌日、彼は新米カメラマ

ンのラフターマンを連れてフバイへ行くことを命じられる。フバイでジョーカーは、訓練所の同期生

カウボーイと再会する。彼の小隊には、会う早々からんできたアニマル ・マザーや黒人のエイトボ

ールがいた。

ジョーカーは、彼らとともにフエ市に入る。小隊長が仕掛け爆弾で死に、カウボーイが指揮を執るこ

とになる。すでに町の大半は爆撃により廃墟となっていた。偵察に言ったエイトボールが狙撃兵によ

って撃たれる。それを助けに行った衛生兵も撃たれ、二人は彼らの目の前でなぶり殺しにされる。退

却を命ずるカウボーイ。しかし、それに反対したアニマル・マザーは、ひとり突撃する。やむなくカ

ウボーイは、ジョーカーとラフターマンを含む数人を連れて前進する。どこかに潜む狙撃兵にカウボ

ーイは胸を撃ち抜かれ、ジョーカーの腕の中で死ぬ。煙幕を張りながら崩れた建物の中に進入したジ

ョーカーは、ついに狙撃兵を発見する。撃とうとするジョーカー。しかし、彼の銃は弾が切れていた

。振り向く狙撃兵。それはなんとまだ10代にも見える少女だった。あやういところでラフターマン

の銃が彼女をとらえ、倒す。瀕死の狙撃兵は息も絶え絶えに“Shoot me”と懇願する。ほうっておけ

というアニマル・マザーを制し、ジョーカーは拳銃で彼女にとどめをさす。

夜明け前、若者たちは燃える廃墟の町を、「ミッキーマウス ・クラブ」の歌を歌いながら行進して

いく…。

投稿: ちゅりぼう | 2006年10月25日 (水) 09時43分

初めまして。私もきのくにの保護者です。ときどき、
mamiさんのブログ読ませていただいてます。
運動会の思い出・・・。私の小学校の時は楽しかった思い出があります。特に6年生で組み体操とか友達と必死に練習して、本番で成功した時、見学に来た保護者からの拍手に大変喜んだものです。しかし、中学、高校は、
ダンスがイヤで仕方なかったですね。まぁ、男子、女子ってこの頃は、変に意識したりして手を繋ぐのもためらったりしてね。ちょっと気になる子の前になると硬直状態の自分がいたりして・・・。
まぁ強制的にあれやれこれやれって毎日毎日練習して、
くたくたになってる上に山盛りの宿題こなさないといけないので、私は、中学、高校の運動会は好きじゃなかったなぁ。
先日のきのくに運動会は大変楽しめました。
皆生き生きしてましたねー。来年はどんな運動会か
今から楽しみですって気が早すぎかな?

投稿: チュン太 | 2006年10月25日 (水) 18時09分

>>私、今の学校の構造、システムそのものが、いじめを発生させる一因ではないかとさえ思っています。

これ、同感です。競争させられて、比べられて、まるきり同じことをしないと責められて・・・。

きのくにの運動会に初めて参加した時、「運動会って、楽しんでもいいんだ」と気づき、新鮮でした。
「人に見せるための行事」に慣れていたから。
「お前のせいで負けたー」とか言われる心配もないし、何にも出ないで見物オンリーでもいいし、マイペースに楽しめていいですね。
 無理やり消化しないといけない行事って、しんどいですもんね。

 子どもがマイクでしゃべってる時、移動しようとして、スタッフにたしなめられたんですけど、みんなが(強制されなくても)集中してる時に動いて、目立ったんだろうな・・・。(赤面)
おとなも失敗して成長します。きのくにですから。

投稿: むさし | 2006年10月25日 (水) 20時46分

>その時、「恥ずかしく無いのかなぁ? あんなに罵声を上げ
>て??」と思ったそうです。

そうなんです!普通、怒鳴るっていうのは、人に聞かれたり見られたりしたら、ちょっと恥ずかしい行為ですよね。それが、普通にできちゃうんだからねえ、感覚、麻痺してますよ。言う方も、聞く方も。

私、きのくにに来て、スタッフの声の小ささにびっくりしましたもの。「先生」が怒鳴ってない!って感動でした。

チュン太さん、こんにちは。私も、もう、来年の運動会楽しみですよ。ラストになるかもしれないし。

でもその前に、卒業を祝う会、入学を祝う会、春祭り、と目白押しですから、どれに行こうかな、と、貯金通帳とにらめっこで、思案中です。

むさしさん、私は、夜更かし会のとき、子どもが災害募金のことでアナウンスしているときに、他の保護者とおしゃべりしてしまって、「子どもの話しをちゃんと聞いてください」とスタッフに注意されたことがあります。ほんとに、すごく反省しました。

そして、教師が保護者を注意してくれるってことに、感動しました。普通、そんなことしてくれないでしょ?

以前行ってた小学校では、授業参観で、後ろのほうで保護者たちがぺちゃくちゃやっても、関わりたくないのか、なにも言わない教師がほとんどでしたよ。

どうしてもきのくにのスタッフと比べてしまうのですが、「子どものため」という視点が欠けているのだという気がします。

投稿: mami | 2006年10月26日 (木) 20時27分

mamiさんwrote;
>以前行ってた小学校では、授業参観で、後ろのほうで
>保護者たちがぺちゃくちゃやっても、関わりたくない
>のか、なにも言わない教師がほとんどでしたよ。

わたし、もっとすごいの見たことアル。

以前、息子が行っていた小学校の行事に行ったことがあります。息子がきのくにに転校して4年前後、経ったころ。

たぶん、人権啓発行事(言葉間違ってますかね?)だったのだろうと思うのですが、
新屋英子・ひとり芝居(在日オモニの身の上話)というのが上演されるから、誰が見に来てもいいから、来ませんか? と、在校生の保護者に誘ってもらって行きました。

 体育館の後ろ半分に保護者が座っていたのですが、芝居の途中で一部の保護者が私語を始めたのです。前に座っている子どもたちの私語はほとんどなかったです。

 芝居の中休みに、(たぶん)教頭センセが、「私語はやめるように」と子どもたちに向かって言ったのです。

わたしは、唖然! びっくり! ひょぇ~~っ! あんな注意してて、子どもたちに信頼されると思っているのか? 驚いてしまいました。

投稿: さんちゃん | 2006年10月26日 (木) 22時28分

そりゃすごいわ。子どもたち、どう思ったでしょうね。

それにしても、言うべき人に言うべきことを言えない大人が多すぎる!

投稿: mami | 2006年10月27日 (金) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/12415187

この記事へのトラックバック一覧です: 運動会の思い出:

« 運動会、あ〜楽しかった〜 | トップページ | 大人は・ が・ の もんだい »