« すごいことに気がついた! | トップページ | 子どものための美しい国 »

2006年10月17日 (火)

無神経すぎ

数日前、福岡のある中学校で、二年生の男子生徒が自殺したという報道がありましたね。

遺書もあり、当初よりいじめが原因とみられていましたが、その後の調べで、一年生のときの担任が、その生徒に対して無神経なからかい(いじめと言っていいでしょう)をしていたことが発覚しました。

母親からの相談内容を、他の生徒に暴露したり、みんなの前でその子のことを、うそつき、偽善者呼ばわりしたり。他の生徒に対しても、イチゴの種類になぞらえて、等級付けをするような発言をしていたとのこと。

この報道を目にして、怒りに震えました。明らかにこれは、先生がその子を標的にしていて、みんなに「この子はいじめてもいいんだよ」というサインを出しています。マーキングです。それを「からかいやすかったから」と言うとは、なんという無神経さ、なんという狡猾さ。そして、そんな人が、今は学年主任ですって。

これに類することは、これまで何度も報道されてきましたよね。親のどちらかが外国人の子を、「血が穢れている」などと言って、重いPTSDを負わせたという事件もありました。


Fが通っていた地元の小学校でも、そういう先生がいました。一人の子を標的にして、みんなの前でお尻をだしてたたいたり、保護者会でも、その子のイニシャルをだして、その子にどれだけ迷惑をかけられているか話したりしていました。

先生がそういう姿勢だと、その子自身も、「自分はだめなやつだ」「いじめられてもしょうがない」と思ってしまうし、周りの生徒も、「あいつならいじめてもいいんだな」と思ってしまうのです。


こういうことをする先生は、ほんの一部なのでしょうか?ほとんどはまじめな、良い教師なんだから、特別なそういう事件にいちいち腹を立てるのがおかしいのでしょうか?

私は、それをした先生個人の問題だけだとは思えません。根本は、子どもの人権を尊重しない傾向のある、日本の社会に問題があるのだと思うのです。

忘れ物をしたからげんこつで殴られてもしょうがない、運動場に集まるのが遅かったから、先生に「おめえら、さっさと集まらんか!」と罵声をあびせられてもしょうがない、そんな空気ができてしまっているのがおかしいんです。

会社で、上司が遅刻した部下を殴ってもいいのでしょうか?部下が訴えれば傷害罪になりますよね。
毎日毎日、上司に口汚くののしられて、鬱病にでもなったら、裁判ではどんな結果がでるでしょうか?

大人社会では許されないことが、大人対子どもの関係では、許されてしまう。これこそ子どもの人権を軽視してきた大人が犯している、大きな過ちだと思うのです。

「その先生が悪いんだから、罰を与えよ」、とか、「自分の子は学校で楽しくやってるんだから、問題ない」とかいう次元のことではないでしょう?

こんな嫌な、悲しい出来事をなくすためには、私たち大人が、ほんとうに子どもの人権を尊重しているのか、今一度考えなければならないと思います。


そもそも、「先生」と呼ぶことが間違い、勘違い、の元だと思います。

事件のあった中学校の校長が全校集会で、「先生たちが手を抜いてしまった、乱暴な言葉や甘えがあった。ごめんなさい。君たちの誰かを傷つけていたかもしれない。今後は『先生、それは違うよ』と言ってほしい。」と呼びかけたそうですが、「先生」という称が既に権威をまとっていますから、教師の間違いを指摘することは、心理的に難しいのです。

それでなくても、体の大きな大人には威圧感を感じるわけですがら、そのうえ「先生」と呼ばせられたら、どんなに「先生になんでも言ってくれ」と言われたって、その心理的壁は、なかなか越えられないのです。


きのくにでは、教師のことを、名前やニックネームで呼びますが、そのことの、大きな意味が、今ではよく理解できます。

FやNがきのくにの小学校時代に、公立幼稚園から一年間の研修できのくににやってきた教師がいたのですが、そのかたの意見に納得できなくて、子どもたちが猛反発し、話し合いをした、という話しを聞いたことがあります。きのくにの子どもたちは、おかしいことはおかしい、と、相手が大人(先生)であっても、言えるように育っているのです。


偉そうに書いてしまった私ですが、私自身、まだまだ子どもの人権ということに関して、自分のものになっていないと感じるときがあります。もう大きくなった息子たちに、「かわいい!!」と言ってしまって、嫌な顔をされるのです。ペットみたいにかわいがる、子ども扱いする、というのも、人権侵害ですね。

私も体験学習で学んでいかなければ、と思っています。

|

« すごいことに気がついた! | トップページ | 子どものための美しい国 »

コメント

 正直、公立は先生のあたりはずれがあります。
 たとえ価値観はちがっても、「子どものことをかわいいと思って働いておられる」と感じられる先生なら信用できます。でも、みんなの前で了解なくプライバシーを公表したり、罵倒したり、嫌味言ったり(無神経なのか、意地が悪いのか)気になる先生もかなりの確率で経験しました。その子がいない時に笑いものにする内容もよく耳にしました。
「うるさい親の子には、腫れ物を触るようにするのに、何も言ってこない親の子にだけ、嫌なこという」と子どもが言ってきたこともありました。そうなると、ちょっと抗議したほうがいいのか、と思ってしまいましたが、でも、逆に、保護者の過剰なクレームにへとへとになっておられる様子も伺われ、対応に迷いました。今となっては、「社会に出ても、いろんな人いるんだから、我慢の練習期間だ」と思えなくもないですが、その時点では、当事者はしんどかったと思います。

 自殺された子どもさんについては、「死ぬほどいやな場所なら行かなくてもいい」と伝えてあげる人が誰もいなかったことが残念です。たかが学校、命賭けてまでいく値打ちはありません。


 >>もう大きくなった息子たちに、「かわいい!!」と言ってしまって、嫌な顔をされるのです。ペットみたいにかわいがる、子ども扱いする、というのも、人権侵害ですね。

 うーん、褒め言葉でも駄目ですか?「かわいい」って下に見てる言葉とはかぎりませんよね。夫のこと「かわいい」と思う時あるし、「かわいい」=「いとおしい」ですよね。人権侵害はキビシイなぁ。

投稿: むさし | 2006年10月18日 (水) 20時33分

子どもの世界だけではなく、大人の世界のイジメもひどいですよ。
今年は身近なところで二人の大人が自殺しましたが、どちらも上司や周囲によるイジメです。
一人は23才の男性会社員。もう一人は50才の男性会社員でした。
遺族の話によると死の前日、もしくは当日の朝まで穏やかで明るかったので家族は本人の苦悩に気がつかなかったそうです。

子どもも自殺する子は意外と明るかったり、穏やかだったりするのですってね。
でもじっと注意して見ていれば、乾いた明るさだったり、すべてを諦めたような穏やかさだったかもしれないのにねぇ。

「おまえは偽善者にもなれない、偽善者だ。」
自殺した中2の男の子が、お友達の落とし物を拾ってあげた時に教師が浴びせた言葉だそうですが、
こういう無神経な言葉を口にする人ほど、気に入った生徒には気配り目配りを絶やさず熱心に指導して、「熱血教師」な~んて言われて評判が良かったりするのですよね・・・

家庭は、義務を果たさなくても居られる場所であって欲しいです。
家族は、心を隠さなくても付き合える関係であって欲しいです。
学校は、安心して恥をかける場所であって欲しいです・・・

投稿: のんびり母さん | 2006年10月19日 (木) 01時21分

"楽しくなければ学校ではない"
そんなことを堀さんが言っていた。

学ぶことは楽しいこと、

自殺し、肉体的に死んでしまった子どもの影にどれほどの"心を殺された"子どもたちがいるのだろうか?

心を殺された教師がいるのだろうか?
心がころされ、ゾンビのように、生きいきとした子どもを攻撃する。

"心を殺す"者たちに立ち向かう勇気を大人が持たなければいけないときだろう。

叡智を武器に・・・・・・・・・・

投稿: ぺー | 2006年10月19日 (木) 21時56分

>むさしさん
「かわいい」という言葉自体が問題、という意味ではないんですよ。今日の記事(子どものための美しい国)で私の言いたかったことが伝わるでしょうか?

>のんびり母さんさま
最後の三行、名言ですね。なんか、じ〜んとしました。

>ぺーさん
自殺する子は氷山の一角、という気がしています。ほんとに、私たち大人が勇気を持たなければいけませんよね。そして、何か一歩行動しなければ。
今後、私にもできそうなことや、なにか情報がありましたら教えてください。

投稿: mami | 2006年10月19日 (木) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/12323926

この記事へのトラックバック一覧です: 無神経すぎ:

« すごいことに気がついた! | トップページ | 子どものための美しい国 »