« 運動会の思い出 | トップページ | 中間休みにお客様 »

2006年10月26日 (木)

大人は・ が・ の もんだい

五味太郎さんの『大人 は が の もんだい』 (講談社)という本、読まれたことありますか?

私、この本、大好きです。Fが小学校入学前に読みまして、目からウロコが落ちました。

長男が小学校入学、というと、どこの親もたいてい緊張する、というか、肩に力がはいるものではないでしょうか?それが、この本を読んで、すっかり力が抜けました。

まだ読まれたことのないかたのために、ちょっと抜粋しますね。全部面白いんですけど、ほんの少しだけ。


【よくフラれた腹いせに「わたしの青春を返して」なんて言う人がいますが、学校体制に向かっては「あの大事な時間を返してくれ」と声を大にして言っていいと思います。なにしろ最低で9年間ですよ。】


【男の子と女の子が部屋に入って、ドア閉めちゃうと、あやしい、いやらしいことをするんじゃないかって心配する大人は、なんのことはない、その大人自身がいやらしいのです。部屋で何をするかはその子たちの問題です。それが急にベッドに入るんだったら、もうその二人はとっくにデキてるんだから、あきらめるよりほかありません。

「門限は9時だぞ」なんて言ったって、8時に悪いことしたらどうするんでしょう。日暮れ前には帰ってこいって言ったって、じゃあ、昼間カーテン閉めてあやしいことしてたら、どうするんでしょう。ずうっと親がついてまわるのでしょうか。マンガみたいです。そういった子どもに対しての心配、不安、自信のなさというのは、自分に対しての心配、不安、自信のなさそのものなのです。】


いちいち同感です。多くの大人がこういう考えになれたら、つらい思いをする子が減るんだろうなあ。ぜひ、お勧めです。(多分、このブログをお読みになるようなかたは、すでにご存知だろうとは思いますが・・・)

今回、この記事を書くために、また読み返したら、先日書いた「運動会の思い出」の中の

「私、今の学校の構造、システムそのものが、いじめを発生させる一因ではないかとさえ思っています。」

ということも、五味さんの本にちゃ〜んと書いてありました。すみません、パクリ的でしたね。でも、この本がすっかり私の血肉になってしまったんです。

まじめな管理主義教師は、この本を読んで、どんな感想を持つのかな?

|

« 運動会の思い出 | トップページ | 中間休みにお客様 »

コメント

 この本、知らなかったので、続編もあわせて、2冊の文庫本を、インターネットで取り寄せて、読みました。
「目から鱗」の発想がいっぱいで面白かったです。

>「私、今の学校の構造、システムそのものが、いじめを発生させる一因ではないかとさえ思っています。」

 重複しますが、これは、ほんとにそう思います。
私は、「広汎性発達障害」なんですが(大人になってから検査を受け、自分のしんどさの原因が判明してスッキリしました。)一番しんどかったのは、小・中学校時代でした。
 得意なこととと苦手なことの差が極端なので、「出来るのに怠けている」と誤解されることが多かったのです。
 学校は、「できない事があれば、臨機応変に別の方法を考えて、困らなければそれでいい」という発想が許されない場所でした。、「特別扱いは許さない」と、「みんなと同じ」を要求されます。
 でも、社会に出てしまえば、例えば、不器用で、包丁が苦手なら、はさみやピューラーを使えば困らないのです。
 高校や大学でも、対人関係でそれなりにしんどい思いはしたけど、それはむしろ、小中時代に、傷つけられた心が原因であったろうと思います。
 きのくにみたいな学校で過ごせてたら、と本当に思います。

投稿: むさし | 2006年11月 4日 (土) 20時30分

>「目から鱗」の発想がいっぱいで面白かったです。

むさしさん、でしょでしょ?私たちが読むと、もっとも至極なことなんですが、一般には受けない考えなんでしょうかねえ。でも、この本かなり売れてるようですね。

>でも、社会に出てしまえば、例えば、不器用で、包丁が苦手なら、
>はさみやピューラーを使えば困らないのです。

そうなんですよね〜。計算できなかったら計算機使えばいいじゃん。泳げなかったらプールや海にいかなきゃいいじゃん。

学校ではそれが許されないから、人と同じようにできない子が、「できない子」っていうレッテルをはられちゃうんですよね。もっとおおらかに見守ってあげたら、いじめがだいぶ減ると思います。

余談ですが、私プールで飛び込むのが苦手で、でも「やれ」って先生が言うからやるけど、思いっきり腹打ちして、痛いし、男子に笑われるしで、プールの季節は死にたくなってました。

投稿: mami | 2006年11月 4日 (土) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/12439675

この記事へのトラックバック一覧です: 大人は・ が・ の もんだい:

« 運動会の思い出 | トップページ | 中間休みにお客様 »