« 中間休みにお客様 | トップページ | さかなクン »

2006年10月31日 (火)

学習指導要領

ここのところ、高校での履修単位不足の記事をよく目にします。

そんなに騒ぐことなんですか?

校長がでてきてお詫びしたり、保護者会開いたり。どこの学校でも、知っててやったんでしょ?だったらもっと開き直っちゃえばいいのに。

「そもそもこんなにたくさんの科目を勉強させる、指導要領がおかしいんです。これを機会に、見直しをしていただきたい。」

くらい言える校長がいたらいいのに。

どこかの高校では、海外の修学旅行を、世界史の単位に当てていたとか。まあ、どれほど中身のある修学旅行か、報道だけではわかりませんが、その発想はいいんじゃないですか?

机に向かって、年号を暗記するだけの勉強をするくらいだったら、実際外国に行って、その国に興味を持ち、調べたり、歴史を学んだりするほうが、ずっとアタマに残るでしょう。


履修科目もれ、日本中の高校で行われていて、すでに単位不足のまま卒業した人たちも、何も困らず大学生活、社会生活しているってことは、学習指導要領自体に欠陥がある、と考えるべきじゃないでしょうか?


ルールだ、決まりだって、こんなに騒ぐくらいなら、パトカーも守らない車の制限速度をなんとかしてよ!!

|

« 中間休みにお客様 | トップページ | さかなクン »

コメント

こんにちは。かの有名な関西の超難関校も履修漏れとからしいですねー。ふーんって感じかな。
きのくになら、キルクハニティに行く前にその土地の
風土や通貨、歴史や言葉とか勉強するらしいですね。
それが、地理や世界史、数学とかに結びつくんじゃないかな?英会話も習うより慣れろって言いますし。
mamiさんがおっしゃるように、修学旅行で地理、数学とか単位あげたらいいと思いますよ。その方が楽しいし、ただの旅行じゃないでしょ、「修学」なんですから。修学って学問を修め、習うってことなんですから、
この時代、そんな学校があっても良いような気がします。
高校3年生の皆さんは、今更何を言うねん!って感じじゃないでしょうかねえ?

投稿: チュン太 | 2006年11月 1日 (水) 16時55分

>「修学」なんですから。修学って学問を修め、習うってことなん
>ですから、
たしかにですねえ。私、自分のときの修学旅行は、「修学」なんて全然意識にのぼりませんでした。(テヘッ)

ところでチュンタさん、今度きのくにに行ったら、「私がチュンタよ〜」ってこっそり教えてね!

投稿: mami | 2006年11月 2日 (木) 15時35分

こんなことをある教育関係のMLに書きました。
-------------------------------
北島@ひさしぶり
          です。

自殺を生み出す教育現場ってどうなんだろう。

吉田さんも言ってたようにメディアは本質を伝えない。

ここの場(T-PLLUS)みたいな希望へつなげる教育を願い実践し、努力している
人々のことは伝わらず
もどかしい思いでいます。

いったい何を求めて生きているのでしょうか?

自分の存在を尊重されない学校、家庭、
 そこにはまさに人間としての生き方を忘れた大人たちの姿があるのではないで
しょうか。

私事ですが娘は出産時重篤な心臓病を患って生を受けました。
そのときは「生きているだけでうれしい」という思いで育てました。
そんな子どもでも生きる力を持って生まれてきたのです。
  医療の加護もあって、幸い今は元気に生きています。

そんなこんなで考えてみました。
今の教育の制度が人間として生きることを認めていない制度になっていないか?
学校へ行ってるのに深夜まで塾に通う子ども。
   おかしいよ
 大人でも深夜労働の制限があるのに子どもにはない。
                        ヘンヤね

履修問題にしても○○年生は学科を何時間受講と決められているけど、どれだけ身
につけたかは問われない。
              ヘンヤね

子どもたちは自ら生きるを十分に持って生まれてきています。
 自ら学ぶ力を持って生まれてきています。

この力を発揮する教育の方法は、
リヒテルズ直子さんの近著にあるように、
自立学習者を育てる教育がいっぱいある。
日本ではこれを取り入れようとするとものすごい抵抗にあう。
  その壁は学習指導要領と受験制度にあると思います。
     強度の競争に晒され、どうなるかわかりもしない「将来」のために10
歳くらいで鬱になるほどのストレスにつぶされそうになる。

いつまでも、作ったこともないレシピを覚え、作ることもないレシピをテストで
記述するだけの能力を競わされているようにしかおもえない。

恐竜が鳥の先祖だったという最近の学説は、ほとんど学校で習ったことのないこ
とです。
古い価値観、学説を教え込むより学びの方法、科学的な思考を身につけさせるこ
との方が重要になっていると思っています。

社会に出てからは、自ら学ぶ姿勢と方法を持った人が、よりよく生きられるのに、

最近の教育の現場をめぐる”自殺”問題は、こうした教育の本質にかかわる問題で
はないでしょうか?

生きているすばらしさを子どもたちに「教え込む」のではなく身をもって伝えた
いと思っています。
-----------------------------------

画一一斉授業と受験教育がいかに本来の教育を歪め、生きる希望をめげさせ、死をもたらすほどになっているのに苛立ちをかんじています。

「きのくに」に学べ!!

  を合言葉にしたいほど

投稿: ぺー | 2006年11月 2日 (木) 20時50分

ぺーさんのいら立ち、私も共感します。

ゆとり教育だ、総合学習だ、履修漏れだと、枝葉末節にぎゃあぎゃあ言うのは全くナンセンス。それより画一一斉授業と受験教育を、根本的に見直すべきと思います。

なんでも「教え込む」っていう姿勢では、結局何もかわらない。


投稿: mami | 2006年11月 3日 (金) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/12505920

この記事へのトラックバック一覧です: 学習指導要領:

« 中間休みにお客様 | トップページ | さかなクン »