« バーンロムサイ | トップページ | 音楽と超絶技巧と感動と »

2006年9月22日 (金)

国旗、国歌 強要は違憲

やったね、21日の判決!

国旗への起立、国歌斉唱の強要は不当だとして、東京都の教職員が起こしていた東京地裁の裁判で、原告の教職員が勝訴しました。東京地裁は、違反者を処分するとした東京都の通達や職務命令は「少数者の思想・良心の自由を侵害する」として違憲・違法と判断し、起立、斉唱義務がないと述べました。そして401人の原告全員に一人三万円の慰謝料を支払うように命じました。

勇気ある原告401名のみなさま、ほんとうにおめでとうございます。そしてお疲れさまでした。(都は早速控訴するようですが。)

原告も被告もどちらも大変驚いた判決結果だったようですね。でも、普通の感覚だったら、「勝訴してあたりまえ」と思いませんか?原告の一人がおっしゃっていましたが、「日の丸・君が代そのものに反対しているわけではなく、強制するのがおかしい」というのは、ほんとに、当然のことですよね。

都教委の教育長は「学習指導要領に反する姿勢を生徒に見せることが教育なのか」(朝日新聞22日付け朝刊35面)と言ったそうですが、それじゃあ、教師が自分の考えを発言する自由もなく、上から押さえつけられて、びくびくして過ごす姿を生徒に見せることが教育なんでしょうか?

今回、新聞に載っていた都教委の通達(骨子)なるものを初めて読みましたが、あきれるくらい高圧的なものです。こういう通達を出すこと自体が、おかしいですよ。

ほんの一部転載します。
【国旗掲揚について
式典会場の舞台壇上正面に掲揚する。都旗も併せて掲揚する。国旗は壇上正面に向かって左、都旗は右に掲揚する。屋外での国旗の掲揚は来校者が十分認識できる場所に。

国歌斉唱について
式次第に「国歌斉唱」と記載する。司会者が「国歌斉唱」と発声し、起立を促す。教職員は国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する。斉唱はピアノ伴奏等により行う。教職員の服装は式典にふさわしいものとする。】


対して、判決理由要旨は、大変すばらしく、血の通った人間の文章、という感じが致します。

すばらしいので全て書きたいくらいですが、長くなりすぎるのでこちらもほんの一部です。

【都教委の通達は、国旗掲揚、国歌斉唱の具体的方法などについて詳細に指示するもので、各学校の裁量を認める余地はほとんどない。教育の自主性を侵害するうえ、教職員に対し一方的な一定の理論や観念を生徒に教え込むことを強制することに等しく、教育基本法10条1項の「不当な支配」にあたり違法と解するのが相当。

入学式、卒業式で国旗を揚げ、国歌を斉唱することは有意義ということができる。しかし、宗教上の信仰に準ずる世界観、主義、主張にもとづいて、起立、斉唱、伴奏をしたくない教職員がいることもまた事実である。

このような教職員に対し、懲戒処分をしてまで起立させ、斉唱などさせることは、いわば、少数者の思想・良心の自由を侵害し、行き過ぎた措置だ。】

どう考えても、これがまともな思想だと思うのですが、今回の勝訴が両者とも驚きだったということに、一抹の不安を覚えます。

このところじっくり新聞を読むFが、「これ(判決)よかったな。でも、地裁なんやろ。まだ、高裁、最高裁までせんといけんのやろうな。」と言っていました。

思わず、「あんた地裁とか、高裁とか、そんな裁判のシステム知ってるん!?」と言ってしまいました。

きのくにで、いろいろ社会問題を学びましたし、裁判所見学もしたそうなので、そのあたり私よりよく知っているかもしれません。自民党総裁選に関しても、家族でいろいろ話しをしたりしました。話していて、管理教育で育つと人を支配、管理したい大人が育つ、自由教育で育つと、他者を尊重する大人に育つ、ということを実感しました。

|

« バーンロムサイ | トップページ | 音楽と超絶技巧と感動と »

コメント

「教育に強制はいらない」-------誰かが書いた本のタイトルだったと思うが、今の日本の教育には教育とはとても思えない強制と競争そして管理・・・3Kがつよまっている。

今度の判決は"してやったり"の気分。
しかし、楽観は禁物。

>教育基本法10条1項の「不当な支配」にあたり違法と解するのが相当。

とあるが、その条文「教育は、不当な支配に服することなく、国民全体に対し直接に責任を負つて行われるべきものである。」を「教育は、不当な支配に服することなく、この法律及び他の法律の定めるところにより行われるべきものであり、教育行政は、国と地方公共団体との適切な役割分担及び相互の協力の下、公正かつ適正に行われなければならない。」と与党の改正案にしめされている。

国歌法、国旗法によって地方公共団体が"適切に"行うなら違法とはならず、強制できるようになる。

ましてや、憲法が変えられれば、言論の自由さえもまもられないことになるだろう。

多くの人は知らないだろうが、今でも自衛隊のイラク派遣反対のチラシを撒いて逮捕された人がいる。

「憲法改正」を公約にあげる安部晋三が何をしようとしているのか、マスメディアはあえて口をふさいでいることが今の日本の状況を表しているのではないだろうか。

「美しい国」を叫びつつ国民の目と耳をふさぎ、かつての道へと戻ろうとしている。彼のおじいさんが若かった時に。

それを許すほど日本国民はおろかでないと信じたい。各地で9条の会が活動している。

爆笑問題の大田光も芸人としての命をかけて「憲法9条を世界遺産に」とよびかけている。

投稿: | 2006年9月25日 (月) 22時23分

さっきのコメント名前をいれるのわすれてました。
書いたのはぺーです。

投稿: ぺー | 2006年9月25日 (月) 22時24分

そうですね、楽観は禁物でしたね。おまけに石原都知事も、「どうせ控訴するんだから、今まで通りで」みたいなことを言ったとか。

安倍首相は憲法改正が公約ですものね。「美しい国」怪しげです〜。次回の選挙で、どうなるでしょうか・・・。

さしあたり、私のできることは・・・11月19日に大分で憲法9条と平和を守る大分県民集会、というのがあるので、行ってきます。
ゆうさん、行きますか〜?

投稿: mami | 2006年9月25日 (月) 23時37分

行く予定です。その前に、九重で10月29日、平和コンサートをやろうかと考えています。今晩九条の会・九重の集まりがあるので、詳しくは後日お知らせしますね。
今までもちょっと疑問に思っていたのですが、きのくにではどうなんでしょう?学習指導要領や日の丸・君が代に関しての強制(学校に対して)は来ないんですか? 教育特区のひらおだいではどうかしら?・・・

投稿: ゆう | 2006年9月26日 (火) 12時56分

10月29日ですか。詳しい時間等がわかったら、ぜひ教えてください。ちょっと用事が入りそうな日なんですが、行けるかもしれませんので。

後半の部分(きのくにでは日の丸、君が代は?)に関しては、明日、記事で書きますね。

投稿: mami | 2006年9月26日 (火) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/11999231

この記事へのトラックバック一覧です: 国旗、国歌 強要は違憲:

« バーンロムサイ | トップページ | 音楽と超絶技巧と感動と »