« 電車をまちがえて | トップページ | パスポート盗難事件 »

2006年8月27日 (日)

遅ればせながら夏休み

26,27日と、ちょっと遅めの夏休みをとりました。お盆のときは、14日だけお休みして、あとはお仕事。

今年の夏は特に予定もなかったし、Fは高校の試験(通信制なので、8月末に試験がある)、ギターとソルフェージュのレッスン、バイト、と予定いっぱいで、遠出はしませんでした。

26日は試験最終日だったので、Fを高校(福岡)に送り、その間はNと私はそれぞれ、ウインドウショッピングやギター屋さん、本屋さんで過ごし、その後全員集合。で、家族でボーリング大会。(というほどでもないが・・・)

ボーリング全盛期に育った夫と私なのに、息子たちには歯が立ちません。夫なんて、日頃タービン(歯科切削機)と尺八以外には、重いものを持ったことがないので、もう、足がよろけちゃって。私も人のこと言えません。三連続ストライクをだしたかと思えば、ガーターの連続。どうなってるのでしょう。

その後、食事、ホテルに戻って、トランプでナポレオン。

ナポレオンには思い出がありまして、子どもたちがもっと小さい頃から、家族でよくやっていました。で、負けると泣くんですよね、子どもたちが。これ、性格が現れまして、Nは負けず嫌いで、負けそうになっただけで、ぎゃ〜んと短気起こして、もう途中で放棄、なんてこともありました。Fは静かにしくしく泣くのです。

今回、和やかにナポレオンをしつつ、Fが言いました。

「お父さん以外、みんな泣いてたな。」

ハイ、実は私も泣きました。悔しくて。性格、Nに似てます。

で、今回、ボーリングの体力的な成長はもちろんなんですが、ナポレオンでの、子どもたちの、よく働く頭にも、脱帽でした。もう泣きませんし。(あたりまえか。今回泣いたのは私だけです。)

ところで、ここ数日早起き、長距離運転が続いたので、少々疲れ気味で、今、すでにかなり眠たいです。でも、堀さんのこと思えば、これくらいで眠たいだの、疲れただの言ってられませんね。いつも子どもたちのために働いてくださって、運転しまくって、睡眠時間、超短時間ですし。私もまた、明日から頑張らなくっちゃ。


そういえば、本屋さんでの立ち読みで、「自閉症だった私」とかいうタイトルの本を少し読んだのですが、これ、おもしろかったです。買えばよかった。私には理解できない、自閉症児がどんな心理状態だったのか、ということが書いてあるのです。これも、近いうちに読んで、ご紹介します。自分の知ってる世界なんて、狭いもんだなあ、と思いました。

ブログ、毎日のように見に来てくださっているみなさま、感動秘話第三弾は、次回書きます。今日は閑話休題にて、失礼いたします。


|

« 電車をまちがえて | トップページ | パスポート盗難事件 »

コメント

ゆうです。わが家では、大事件(!?)が発生。
8月26日、上の子が自転車でこけて、骨折、入院しました。幸い鎖骨骨折のみで大事にはいたりませんでしたが、日頃歯医者さん以外縁のない我が家では、もう大変です。おろおろ・・・なんだかもう数週間も時間がたっているような、落ち着かない妙な気分です。骨折部がかなりズレているので明日手術となったのですが、私の方がドキドキしているようです。でも、手術の説明の時、麻酔が切れた時はかなり痛いと聞いてオロオロ。「夜ひとりで大丈夫でしょうか・・」「もう15歳ですから、大丈夫でしょう」・・・そうか、客観的にはもう15歳なんだ・・・と後でしみじみ思った母でした。

投稿: ゆう | 2006年8月30日 (水) 12時47分

ゆうさん、大変なことでしたね。さぞ心配なことでしょう。子どもが「痛い」っていうのは、自分が痛いよりつらいですよね。代わってあげたくても代われない。

でも、確かに「もう15歳」なんですね。きっと辛抱できる。

私も遠くからですが、息子さんの痛みが少なくてすみますように、早く癒えますようにと、祈っています。
ゆうさんが体調くずさないようにね。

投稿: mami | 2006年8月30日 (水) 22時35分

ありがとう。
手術は無事終わりました。まみさんの気持ちが嬉しい。

投稿: ゆう | 2006年9月 1日 (金) 12時51分

手術、無事に終わったんですね。よかったね。息子さんも、ゆうさんも、お疲れ様でした。お大事にね。

投稿: mami | 2006年9月 1日 (金) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/11637186

この記事へのトラックバック一覧です: 遅ればせながら夏休み:

« 電車をまちがえて | トップページ | パスポート盗難事件 »