« テレビ復活!? | トップページ | 腹をくくる »

2006年7月 6日 (木)

夜更かし会の思い出ーその2

最近夜になると、ココログ管理ページへのアクセスがしにくくなり、記事の更新ができませんでした。訪問してくださったかた、ごめんなさい。全体的なトラブルだそうで、7月11日から2日間、メンテナンスが行われることになりました。その間も、更新はできませんので、ご了承ください。


さて、気を取り直して、夜更かし会のことにもどります。「夜更かし会」といっても、最初のころは11時とか12時くらいには寝ていました。寝るといっても、寝袋もって、あいてる教室の床にごろんとなるんですが。

あるとき、もう寝ようかな、と思っていたら、別のテーブルで話しをしていた夫が、「この人たちすごいんだよ。子どもたち4人をきのくにとかつやまに入れてるんだよ」といって、初めてお会いするご夫婦を紹介してくれました。

聞くと、長男さんがきのくに、あと二人はかつやま在学中、4人目は次の年入学予定で、かつやまへとのことでした。四人私立、というのもすごいし、おまけに二手に分かれている、というのもすごい!

「最初のころは、金、金、金、でノイローゼになりそうだっよ。でも、自由教育の良さを知ったら、お金がきついからあとの子は公立小に行かせる、なんてできないよ。」」と笑いながら話しておられました。私も、考えただけでくらくらしちゃいます。2人でいっぱいいっぱいだもんなあ。

でも私も、子どもが3人、4人でも、なんとしても、どんな苦労しても、全員自由教育を受けさせたいと思うだろうなあ。

うちは、長男Fが4月に転入できたけど、次男Nの学年はそのとき空きがなくて、三学期まで待ったんです。その間の9ヶ月、Nにはかなり気を配りました。親はもう、管理教育に耐えられなくなっているから、あほらしい宿題なんかやらなくていいと思ってるけど、Nが学校でつらい思いをしてはかわいそうだし。

どんな「あほらしい宿題」かというと、たとえば本読み。教科書の端っこに、メモ用紙くらいの紙がはってあります。見るとそれに、「声の大きさ・感情の込め方・正確さ・・・」などなど5つくらいの項目が書いてあって、それぞれの欄に◎、○、△を親がつけるようになってるんです。それも、毎日5回づつ読むようになってて、そのたびに親がチェックしないといけないようになってるんです。

他には、日記を書くのですが、【必ず】、「先生あのね」で文章をはじめなくてはならないのです。はあ〜?って感じでしょう?どこまで管理すりゃあ気が済むのよっ!(ああ、当時を思い出して、興奮してきた)
みなさん、聞いただけでストレスたまりません?

でも、Nは今、その中でやっていかなくちゃならないわけなので、担任には我が家の方針を伝え、Nには「宿題やらなくてもいいよ。それで叱られるなら、お母さんが話しにいくからね」と言っていました。Nは叱られることはなかったようですが、後から聞くと、肩身の狭い思いもしていたようです。

そんなことがありましたので、「どんなに大変でも、4人ともきのくに、かつやま」の親御さんと出会って、とってもうれしかったんです。結局意気投合して、その後3時か4時くらいまでお話しました。ご家庭での、オープンな性のお話も衝撃的で、楽しかったなあ。(この話し、ここで書いたらだめ・・・?)

さすがに、もう寝ようか、という時間になって、そのお父さんが「これからかつやまに行くんだ〜」と言ったときには、もう、尊敬のまなざしで見てしまいました。その週末は、きのくに、かつやまの行事が重なっていて、両親で夜更かし会に参加し、日曜日、お母さんはきのくに、お父さんはかつやまの運動会、帰りは途中で合流して帰る、という段取りだったのです。

こういう保護者さんと出会って、やっぱりきのくに、かつやまってすてきなところだなあ、ととってもうれしくなりました。最初のころ、先輩保護者さんが言ってくれた、「アタリもハズレもあるけど、夜更かし会、毎回来たらええですわ〜」の言葉の意味が、よ〜くわかりました。

|

« テレビ復活!? | トップページ | 腹をくくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/10808298

この記事へのトラックバック一覧です: 夜更かし会の思い出ーその2:

« テレビ復活!? | トップページ | 腹をくくる »