« わらじ組 | トップページ | きの中卒後の社会生活 »

2006年7月15日 (土)

爆発してしまった・・・結果は?

先日書いたのに消えてしまった(消してしまった)「言い過ぎない」という記事。どんな内容だったかというと、「息子の言動に、以前はいろいろとよけいなことを口出ししていたが、今は言わずに見守っている。言い過ぎないほうがいい。」というようなことでした。

それを書いた時、我ながらええかっこしい、ちょっと無理してんじゃないの〜、と思いました。そうしたら、次の日には記事が消えてしまった。これって、やっぱり、「嘘書いたらあかんよ〜」という天の声なのか・・・。

そうこうしているうちに、私ったら、とても人様にお見せできないような、最悪母をやってしまいました。その一部始終を紹介しましょう!(私、イサギよい?)


13日木曜日。仕事は休み。午後から眼科に行く予定。Fはでかける用事はなく、在宅。

朝10時、朝から二回目の洗濯も終わるのに、まだ寝ているF。普段仕事をしているときは、意識に上らないので、Fが11時くらいまで寝ていてもあまり気にならないのだが、家にいると、妙に気になる。せっかく天気がいいんだから、Fのシーツも洗濯してしまいたい!

「もう起きてちょうだ〜い」いらつく気持ちを抑えて、猫なで声で起こす。Fは起きてきたものの、ぶどうを食べるとまたごろんと床に寝転がっている。(彼は朝に弱い)

もう11時。まだごろんとしている。この蒸し暑いときに、狭い部屋にごろんとされてるだけで、なんかムカつく。それに15日はクラーク(通信制高校)のスクーリングの日で、課題提出さないといけない。16日はレストランで演奏デビュー。

いい母演じるのも、もう限界や〜。
「ちょっとあんた、寝るんだったら、二階に行って!ここでごろごろされるとイライラする。」

言ってしまった!

しかし、「クラークの課題はやったの?ギターの練習だって、全然足りてないじゃん。」と言いたいのは、こらえた。これを言ったら、ダムが決壊するように、言いたい放題言ってしまいそうだったから。そして、仮にも「親業」を読んでいると公言している私、ちょっとずれているかもしれないが、「私メッセージ」で言わねば!「あなたメッセージ」はだめだよ、と自分で自分にブレーキをかけた。

でもFは、私の言わなかった言葉も、きっと感じたんだろう。むっとした顔で、起き上がり、ギターをつかむと、誰もいない休診の医院のほうへこもってしまった。(夫はすでに出かけていた。)

最悪の空気。私は予定より早く眼科へでかけ、喫茶店で本を読み、なるべくゆっくり家に帰るようにした。

ああ、自己嫌悪。私、ニイルの本や堀さんの本を何度も読み、堀さんの話しも一生懸命聞いてきたのに、なんにも変わってないじゃん。

FはFの人生なのに、結局私は自分の思うように彼に行動してほしいんだ。「朝すっきり目覚めて、自分のやるべきことに邁進する息子」という理想に、彼を当てはめようとしているだけ。

だいたい、息子に言う前に、自分はどれだけ時間を有効に使ってるわけ?50歩100歩じゃん。私は人生を無為に生きてる後ろめたさみたなものがあって、それをFに投影しているんだと思う。ああ、どうすればいいの〜?

帰宅後もFと私は気まずい空気。Fが犬の散歩に行ったのを追いかけて、私もついて行った。外のほうが、話しやすいような気がしたから。どうすればいいのか、何を言えばいいのかも決めずに、一緒に歩いた。そして、やっぱり、今の気持ちを素直に言うのがいいかな、と思って、切り出した。

「お母さん、どうすればいいんかなあ。あんたのギターのこととか、クラークのこととか、いろいろ心配になって、イライラしてきてさあ・・・」

Fはちょっと苦笑しながら、こう言った。
「心配せんでいいって。俺のことは俺がするけん。心配しても、お互い不幸になるだけやろ?」

ああ、そうだよね。人のこと心配して、自分の思うようにさせようとして、結局お互い不幸になるんだ。そういう家族がいっぱいあるじゃん。事件にもなってる。

Fに穏やかに言われて、私もなんだかすごく楽になった。明日からまた、自分の人生を生きる、笑顔の母ちゃんでいよう、そう思った。

爆発して、一皮むけたかな?

|

« わらじ組 | トップページ | きの中卒後の社会生活 »

コメント

非の打ち所の無い人になろうとするのは、とても
難しいですし、かえって相手に圧力をかけてしまいま
す。色々な事があっても、まず自分の心の中を見せて
話し合う。感情は横に置いておく。今回のmamiさんの
とった行動は、とてもよかったと思うし、息子さんも
話しに逃げないすばらしい方ですね。
では、またお邪魔します。

投稿: ぴいぶ | 2006年7月16日 (日) 13時53分

ぴいぶさん、承認してくださって、ありがとうございます。とてもうれしいです。

>色々な事があっても、まず自分の心の中を見せて
>話し合う。感情は横に置いておく。

そうですね。感情は横に置いておく。大事なことですね。
私はいつも、夫と話すときは感情的になってしまって、「結局何に腹がたってたんだっけ?これの原因は何だったっけ?」ということしばしばです。(笑)

ところで、今頃こんなこと言ってすみませんが、ぴいぶさん、どちら経由でこのブログと出会われましたか?もしかして、お会いしたことあります?教えてくださいまし。(ここで言いにくかったらメールでもいいです。)

投稿: mami | 2006年7月16日 (日) 22時10分

それでは、第一問です。
自由教育と言うものを、もっと知りたくなっている
原理主義者のひとりです。
主人は[ちゅりぼう]です。
これでお分かりいただけましたか?
お分かりでなければ、第二問へ進みます。

投稿: ぴいぶ | 2006年7月17日 (月) 09時40分

ぴいぶさん、わかりました。あ〜、すっきりした。
ありがとうございました。
もうすぐお会いできますね!

投稿: mami | 2006年7月17日 (月) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/10958090

この記事へのトラックバック一覧です: 爆発してしまった・・・結果は?:

« わらじ組 | トップページ | きの中卒後の社会生活 »