« サマーフェスタ | トップページ | コメントも読んでね。 »

2006年7月31日 (月)

歯磨きしてあげるの、幸せ!

我が家では小さい頃から、本人が歯磨きした後、親が仕上げ磨きをしてきました。職業柄、やはり歯は大切だと思うし、歯医者のうちの子が、虫歯だらけではまずい、ということもありまして・・・。

現在息子たちは高一と中二ですが、ときどき、こちらに余裕のあるときは、「歯磨きしようか?」と言って、歯を磨いてあげたりします。小さいときからしているので、本人たちもあまり抵抗がないようです。

息子の頭を膝に乗せて、しゃかしゃか磨いてあげるの、楽しいですよ〜。意味もなくべたべたすると嫌がられますが、歯ブラシと耳掃除は大丈夫みたい。数少なくなった、スキンシップタイムです。

以前堀さんがこんなことをおっしゃっていました。

「子どもは十分だっこしてあげて、ほおずりしてあげることが大事ですね。親からしたら、だっこさせていただく、っていう気持ちなんですよ。私の息子はもうこんなに大きいですが(堀さんより大きい)、だっこして、と言われればしますよ。まあ、そうは言わないでしょうけど。(笑)」

うちも、さすがにだっこは無理ですが、歯磨き【させていただいて】います!

でもね、きのくに寮生活中は、全然磨いていなくても、叱ったりしませんでした。一ヶ月ぶりに帰ってきたときなど、雪のように積もっている歯垢、真っ赤にはれてる歯茎を見ても、「出血するなあ」とか「ぎゃほ〜、プラークべったりやんか〜」と笑いながら、しゃかしゃか歯ブラシ。子どもはニヤリ。楽しいものです。

今はある程度、美容(?)を気にするお年頃なのか、わりときれいに保って帰ってきます。

それにしても、お菓子しっかり食べて、ろくに歯磨きせずに、寮に長期滞在というのに、虫歯ができなかったのは、不思議です。私、思うんですけど、ストレスが少なくて、いっぱい笑って、いっぱいしゃべっていると、唾液もたくさんでて、虫歯になりにくいんかな。特に、親からガミガミ言われるっていうストレスがないのが一番じゃないかと・・・。

で、人の歯を磨くっていうのは、人の口の中、歯の並びを良く見ることになるわけで、自分の歯を磨くのにもイメージがつかめるので、役にたつんですよ。一石二鳥でございますよ〜。お子さんが無理なら、ご夫婦で、どうぞ。

|

« サマーフェスタ | トップページ | コメントも読んでね。 »

コメント

ここんとこ、すごくバタバタして、おしゃべりできませんが、しっかり読んでますヨ~。  ゆう

投稿: ゆう | 2006年8月 2日 (水) 13時10分

ゆうさん、ありがとう!

>しっかり読んでますヨ~。

とっても励みなります。実は今、ハリーポッター第六巻を読んでまして、それがおもしろくて、ブログ昨日さぼりました。今日は書きます。ほんとに、ありがと。

投稿: mami | 2006年8月 2日 (水) 17時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/11173121

この記事へのトラックバック一覧です: 歯磨きしてあげるの、幸せ! :

« サマーフェスタ | トップページ | コメントも読んでね。 »