« 試験問題が教育問題!? | トップページ | 心配ごと »

2006年6月20日 (火)

生活と学習の記録

きのくににはテストも通知表もありません。しかし各学期の終わりには、担任が心を込めて書いてくださった、「生活と学習の記録」というものが渡されます。これがとても楽しみなのです。

Fが転入一年目、二学期の「生活と学習の記録」には
【友達に気のすすまない仕事を頼まれた時など、上手に断ることができるようになった】
と書かれてあり、たいへん感動しました。

普通の学校でお題目のように唱えている、「みんなと仲良く」などという、表面的なことにとらわれていては、こういう見方はでてきません。そして、成熟した人間関係を築いていくうえで、「気の進まないことを上手に断れる」というのは、非常に大切なことなのです。

Nは二年生の三学期に転入したのですが、その学期末の記録には、
【緊張からの張り切り過ぎも少なくなり、元気に過ごしている】
と書いてあり、ますます、「この学校はただものではない!」と思いました。張り切っている様子が「緊張からきている」と見抜けるなんて、すごいですよ。子ども一人一人を暖かく見守ってくださっているのですよね。

他にもたくさん感動したり幸せになったりする文章が書かれていて、全部紹介したいくらいです。もちろん、学習面に関しても、様子がきちんと書かれています。

地元の公立小学校に行っていたときの通知表では、「清潔に気をつけている」とか「作業のとりかかりが早い」とか「すばやく集まる」とか、42項目にもわたって、それぞれ「よくできる/よく努力している」「できる/努力している」「努力してほしい」の三段階で評価されていました。

私はそんなことは別に重要だとも知りたいとも思わなかったので、見るのを忘れてしまうこともしばしばでした。「すばやく集まる」なんて、軍隊みたい!最近では、それに加えて「愛国心を持っているかどうか」に関する項目もあると聞きます。現場の先生がたは、そんな「評価」をしたいのでしょうか?保護者はそんな「評価」をしてほしいのでしょうか?

きのくにの「生活と学習の記録」は、見るたびに親も子も、幸福になります。親は次の学期の始めまでに、その報告に対する感想や、家での様子などを書いて担任に渡します。担任が子どもを肯定的に見てくれていると、相乗効果で、親もさらに子どものよいところを見つけることができるのです。

普通の小学校の「段階評価」では、子どもは常に「今のままじゃダメだから、もっとよく」というスタンスで見られていることになります。きのくにの記録では、「今のままの君のよいところ」という見方が根底にあるので、子どもたちは大人の顔色をうかがうことなく、のびのびと、自己肯定感に満たされるのです。

私自身の子ども時代は、「通知表がよかったら親にほめられる」という環境でした。親が自分の成績の良さを喜んだりほめてくれたりすればするほど、私は自分に点数以外の価値を見いだせなくなったのです。進学校に入ったとたん、成績は急降下しました。私はもう何の価値もない人間だと感じました。何度も死にたくなりました。

今のままの段階評価、成績による序列化を続ける限り、成績が良くても悪くても、苦しい思いをして生きる子どもは増え続けるでしょう。

|

« 試験問題が教育問題!? | トップページ | 心配ごと »

コメント

はじめまして!
私の息子は4月に新設された「ひらおだい四季の丘小学校」に通ってます。

ひらおだいの先輩である「きのくに」のことが
保護者の視点から感じることができ、まだまだ漠然とした
?のところもある状態の私達には本当に頼もしく、ありがたい!ブログです。

入学してはや1学期。
魅力的なスタッフ(大人)達と自然に囲まれて、
期待通りのスタートで息子も楽しそうです。
初めての「通知表」も楽しみだなあー。

そろそろ「親の会」のようなものを、という話も出てます。
その辺のお話や参考になる出来事などありましたら、取り上げて下さったら嬉しいですo(^-^)o
今後も楽しみにしています!

投稿: Kuu | 2006年6月22日 (木) 10時52分

kuuさん、コメントどうもありがとうございます。とてもうれしく、また、励みになります。

息子さん、楽しく過ごされているようでよかったですね。四季の丘一期生の保護者のかたがた、ほんとうにすばらしいと思います。少人数だからこそのよさがたくさんありそうですね。

私も四季の丘の入学を祝う会に行きまして、ああ、このかたたちが、自由教育を選んでくださったんだ、と思って、とてもうれしかったのです。

すてきな「親の会」ができるといいですね。今までこのブログにコメントくださった方のなかには、きのくに開校時からの保護者のかたもおられます。

近いうちに、「親の会」についての話しも書きますが、そのときは、そのかたがたに、コメント等で、サポートしていただこうと思っています。(どうぞよろしくお願いしま〜す。)

それから、8月のきのくに教育講座へ行きませんか〜?kuuさんがいらっしゃれなくても、保護者のかたで呼びかけあって、どなたか行かれると、きっとたくさんの感動があると思いますよ。申し込み用紙、私、2部余分に持っているので、必要でしたらお送りします。

何かお役に立てることがありましたら、コメント欄でも、個人メールでも、いつでもご連絡くださいね。

それから、四季の丘小学校での楽しいお話、感動話などありましたら、何かのおりにご披露していただけるとうれしいです。

自由教育でつながっていけること、ほんとうに幸せです!今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: mami | 2006年6月22日 (木) 17時08分

お返事ありがとうございました!
いつか、きのくに学園にもぜひおじゃましてみたいなぁ・・
と思っておりました。
別途メール入れさせて頂きますので、今後ともよろしくお願い致します!

投稿: kuu | 2006年6月26日 (月) 13時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175659/10613755

この記事へのトラックバック一覧です: 生活と学習の記録:

« 試験問題が教育問題!? | トップページ | 心配ごと »